wedding_0036

Welcome Flower!

秋も終盤となりました。デュボネのまわりの古い街並みも木々が色づき、

11月は「文化のみち」のイベントや散策で、多くの人々が訪れています。

 

さて今日は、結婚式当日、デュボネにご来店頂くゲストの皆様が、一番初めに目を止める Welcome Flower について。

先日の結婚式では、お花が大好きな新婦様が、フローリストと打ち合わせをし、こだわりの Welcome Flower を置かれました。

モーヴ系ピンクの花々に、秋の実を添えて・・・

デュボネの看板の上にアレンジ装花を置くことも多いのですが、この日は、趣のある門の入口に、大きな花器で、ユーカリの樹々とともに大胆に飾られていました。

門やお庭での写真撮影では、ゲストの方々が、そのFlowerのことを話題にされていて、思わず私もお話に加わってしまいました(笑)

この界隈を散策されている人々の中には、足を止めてご覧になるかたも・・・

装花のカラーやアレンジ方法で、おふたりのこだわりを表現したり、今から始まるWeddingを、少しでも想像を膨らませて頂けるなんて、素敵ですね♪

披露宴後、お花を持ち帰るために包もうとしたとき、通りがかりのご婦人グループから、「わー素敵♪」と声が掛かりました。

このおふたりの、素敵なWeddingにつきましては、また別の機会に・・・!

 

 

 

This Post Has 0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>